• バタバタと単身赴任が決まったのが3か月前の事でした。
    まず考えたのが赴任先の住居の事です。
    土地勘のない場所ですし、結婚前は母親に結婚後は妻にと今まで家事というものをしたことのなかった私には、住居と同時に家事、特に食事はこれからコンビニと外食生活になるのかと思ったものです。
    しかし、会社から単身赴任先の住居として提案をされた住居は、単身赴任用のマンションで、なんと朝と夕方の二食の食事つきというマンションでした。
    今の世の中、こうしたマンションもあるものかとびっくりをしましたが、そのマンションはまさに単身赴任用というマンションで、朝晩の2食の食事の他に、サウナの他に、フロントサービスというものがあり、クリーニングや宅急便の取り次ぎなどもしてくれるというのです。
    単身赴任になれば、妻から季節の洋服や、必要なものなど、宅急便の回数も増えると思いますし、スーツなどをクリーニングに出すという事も必要な事ですので、こうしたことを取り次いでもらえると、会社に行っていても安心です。
    このマンションは会社が法人契約をしているという事で、勧められたマンションですが、もちろんこのマンションを利用して単身赴任が始まりました。
    3ヶ月が過ぎましたが、なかなか快適な生活をすることができています。