• 交通事故の被害に遭い、示談金の交渉をするのは、加害者側の保険会社の担当者です。
    被害者側の立場を考慮し、適性な賠償金の額の提示を行なってくるということは、期待できません。
    高額な額を提示するということは、保険会社にとってはより多くの支出をすることになります。
    保険会社は営利企業であるため、損失を少なくしようとするというわけです。

    そして、示談金の交渉を行なうのは、交渉の能力に長けている担当者です。
    交通事故は毎日のように、多発しています。
    保険会社が独自に蓄積したノウハウと、担当者の数多くの経験で得た知識などもあります。
    素人が自分だけで有利に示談交渉を進めていくことは非常に困難です。

    幸いなことに、交通事故問題は法律事務所の介入が可能です。
    交渉力に優れている知識、経験豊富な弁護士に相談、依頼をすることにより、不利な条件での示談をしないで済む可能性は高まります。
    もともと保険会社の顧問弁護士をしていて、内情にくわしい法律事務所もあります。
    Webサイトの交通事故賠償金算定センターでは、事故の示談に関するわかりやすい情報が豊富に掲載されています。
    先述したような強みを持っている法律事務所への、無料での相談方法も載っていますので、チェックしてみることをおすすめします。

    http://baishoukin.com/