• 手形割引を持ち込むなら、銀行、信金などの金融機関か割引専門業者のどっちがいいのでしょうか、検証してみましょう。
    まず、金融機関が良い点は、
    ・割引レート、手形取立料金が安い。
    ・割引枠の設定ができ、比較的利用しやすいこともある。
    一方、割引専門業者が良い点は、
    ・持ち込み手形の信用力重視で、何度も利用できることがある。
    ・素早く現金化できる。
    ・手続きは比較的簡潔。
    金融機関は費用がかからない分、手間、時間がかかることが多く、反対に専門業者は、手間、時間を抑える代わりに費用がかかるという違いがあるようです。
    では、使い分け方はTOPに応じたらいいと思います。
    ・金融機関と取引がない場合
    ・持ち込み手形の信用力に不安がある場合
    ・早急に資金が必要な場合
    この場合には、専門業者にメリットがあると思います。
    逆に時間や資金に余裕がある場合には金融機関の方が便利なようです。
    銀行、信金などの金融機関、割引専門業者、どちらにもメリットがあります。
    利用される方はご自身の置かれている状況に応じて、選択、ご利用下さい。

    個人向け不動産担保ローン|株式会社 日本保証