• これからの時代、企業間の競争は生き残りをかけて日々激しくなっていきます。
    この戦いに勝ち抜くには優秀な人材も必要ですが、独自に開発した他にはない技術も重要になってきます。
    しかし、たとえ独自に開発したものでも、他の会社から同じような技術が完成すれば、その面においてのアドバンテージを失ってしまいます。
    また、会社の社員が寝返る可能性も考えられ、開発した技術が他社に流れ出る事も年功序列制が崩れつつあり、社員に会社に対する忠誠心が薄れつつある今、注意しなければなりません。
    そのようなことを未然に防ぐためにも特許申請を行って自分の開発した技術を守らなければいけません。
    そうしておけばもし他社が同じような技術を開発した際、自分が先に開発したと強く主張することができます。
    しかし、特許申請のためには複雑な書式のため、かなり難しいので特許申請について詳しい弁護士を擁する特許事務所を利用することをお勧めします。
    中でも至誠国際弁護士事務所では、顧客に対して納得できるまで制度を説明してくれる上に、顧客との合意を大切にしてくれるため評判がいい事務所です。
    年に何回かセミナーなどを開催しているので、特許を申請したい社長さんは是非参加されてはいかがでしょうか。http://www.kimura-intl-ip.net/820/